上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Majestouch茶軸を使ってそれなりになるが、いろいろと気づいたところがあるのでその辺を紹介しよう。

・配列
基本的にはごく平凡な配列なのだが、スペースバーを大きくとるために、
若干配列が特殊になっている。
まず、最下段ではスペースバー以外のキーの幅が小さくなっている。
Ctrlキーはキーボードのもっとも左下に位置してさえいれば、幅が狭くても不満はないし、
結局はCapsLockにCtrlの割り当てをするので関係はない。
無変換キーとWinキーも文字キーと同じ幅があればいい。
しかしながら、幅を狭くするということは、キーの位置がずれてしまうということであり、それはちょっと困る。
winキーやAltキーが標準的な配列よりも外側にずれてしまっているのだ。
この際、Winキー自体はいいとしても、Altキーがずれているのが致命的で押しづらくなってしまう。
また、無変換キーもIMEのオフに割り当てるのでそれなりに使うため、ずれてしまうとやはり使いづらい。
個人的にはRealforce108の様な配列で、変換・無変換だけ小さくしてその分をスペースバーにしてくれればいいのだが。

・押し心地
やはりいい。実に快適だ。
荷重がリニアに近い茶軸の特性上、底に近づくほど重い。
浅い部分では比較的軽く、底に近づいてから重くなるので、
意図的にしっかりと底打ちさせるような打ち方だとかなり使いづらい。
一方で重く感じるところで指を離すように打つと、いい感じに指が動いて快適になる。
ただし、この打ち方は普通のラバードーム/メンブレン方式だと、タイプミスを連発することになりかねない。
スポンサーサイト

06/28|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。