上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
仕事で使っているメールソフトの話だ。

返信が2種類あって、「送信者に返信」と「全員に返信」とある。
簡単にまとめると、
送信者に返信: Reply-toに返信
全員に返信: Reply-toとCCに返信
になっている。

ところで、今のプロジェクトではメーリングリストを使っていて、たまにPCの管理などの用件で、返信を求められるときがある。
これがくせ者だ。

メーリングリストの送信ではFROMにはしっかりと送信者、個人のアドレスが載っていて、Reply-toにはメーリングリストが記載される。これは普通だ。

このメーラーはFROMのアドレスを普通に「送信者」と表記しているのだが、「送信者に返信」と組み合わさると恐ろしい問題が起きる。

おわかりだろうか?
このメーラーは「送信者」という単語を
「FROM」と「Reply-to」の両方に使っているのだ。

その上、「全員に返信」なるコマンドと並べれば、「送信者に返信」は「FROMに返信」としか読みようがない。
しかし、現実にはReply-toに送信するのである。

結局、この辺の事情を知らず、そして返信メールの送信先を確認しないか、送信先がメーリングリストなのを気にしていない人は、メーリングリストに返事を出す。気がつけば大量のメールが受信ボックスを埋めることになる。
返信先を確認しない方が悪いともいえるが、本文中に「返信してください」とか書いてしまうほうも不用意だ。
そもそもメーリングリストをどういうものだか理解しているのか怪しいが。


本質的には「送信者に返信」の名前と動作が一致していないのが一番の問題である。
スポンサーサイト

06/07|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。