上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
キーボードのCapsLockをCtrlキーと入れ替えて使っている。
これにはレジストリの書き換えを行うが、レジストリエディタを使うのは面倒なので、あるアプリケーションを導入した。
xkeymacsである。
これはその名前からわかるとおり、UNIXとUNIX風のOSでよく使われる高機能エディタemacsのキーバインドをWindows上で再現するものだ。
せっかくなので使ってみることにした。

なお、今回はキーバインドを以下のようにいじっている。

キーマップの変更
CapsLockキーを右Ctrlと入れ替え
Escと半角/全角キーを入れ替え

xkeymacsのバインド変更
コントロールを右Ctrlのみに変更

これによりWindowsのショートカットとemacsのコマンドを共存させている。
アプリケーションのショートカットも必要なのだ。
ATOKはxkeymacsを無効化した上で、一部バインドを変更した。
スポンサーサイト

02/18|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。