上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
椅子と机を買い換えて以降、キーボードをちょうどいい位置に置くとマウスが遠くなってしまうことに気づいた。
どうにも配置がうまくいかない。具体的にはキーボードの横幅がありすぎると感じる。
そこでテンキーが省かれたMajestouch Tenkeylesを購入した。
例によって茶軸のかななしだ。

マウスをちょうどいい位置におけて満足だ。


さて、キーボードの機構にはいくつかの種類がある。
これの区別は接点の種類と押し下げ機構による。
・接点の種類
 メカニカル
 メンブレン
 静電容量
・押し下げ機構
 シリンダ・バネ
 シリンダ・ラバードーム
 パンタグラフ

一般に安いキーボードはメンブレンとラバードームを組み合わせることが多い。
メンブレン接点の弱点として、基本的に敷かれたシートを押す必要があることから、必ず底までキーが押し込まれる必要がある。
このため最初に強い抵抗があり、その後は勢いよく底打ちする特性を持ったラバードームが適している。また、底の接点を確実に通電させるために、キーは必ず柔らかいメンブレンに接触する形で停止する。結果、底打ちしてもふわふわとして気持ち悪い感触がする。

メカニカルスイッチの場合は接点を底に置くという制限がないため、接点の位置を工夫することで、キーを押し下げ途中で通電させることができる。キーと底の部分は面での安定した接触が可能になるため、明瞭な底打ち感が得られることになる。

また、確実な入力も底を打たせる必要がないので、押し下げ重量を軽く設定したり、クリック感なしと言うことも可能になる。

なお、Majestouchなどに採用されている独Chery社製スイッチは、押し下げ機構が一体になったもので、これをキーボード本体側に固定してキートップを乗せるだけになっている。
この一体型の特徴としては強固なクリック感が特徴となる、通称青軸がある。ラバードームとは異なり、言っていいチマで押し込むと堅くなり、その位置を超えるとパチンと言う軽快な音とともに接点が通電、入力が行われるという理想的なクリック感が付加されたモデルである。
ただし、高速に打鍵するとカチカチカチ・・・と、テレビのキーボードをたたく効果音そのまんまなおとが発生するので、うるさいのが難点。


さて、メカニカルキーボードの優位点はその通電位置の調整が可能という点にある。ところが、多くの店頭では展示されていないか、展示されていても実際にPCにつないで文字を打てることは少ない。つないであってもメンブレン/ラバードームのMSかロジクールだけである。(マウスについては評価は高いのだが、キーボードについては平凡である。)
私がよく行くビックカメラでは、取り扱い自体ではFILCO(ダイヤテック)をはじめ、東プレのRealforceまでおいてある。これでHHKがあったら完璧だ。しかし展示となると、なぜかRealforceの展示がなかったり、FILCOも青軸と黒軸のJIS108だけだったりする。

キーボードの使い勝手とは最終的には実際の環境で利用して初めてわかるものだ。
このことに留意してキーボードを選ぶ必要があるだろう。
スポンサーサイト

02/01|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。