上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
近年、歩きタバコ、路上喫煙を禁止する条例を設ける市町村が増えている。
ご多分にもれず、私の住む場所も駅近辺を路上喫煙禁止区域としている。

ちなみに、私はタバコを吸わない。ためしに吸ってみたことくらいあるのだが、何が良いのか理解できなかったのでやめた。収穫といえばせいぜい、吸い込むとむせてしまう煙は副流煙であって、主流煙はそのような不快なものではないということだった。

で、本題なのだが、先に述べた条例が殆どの場合形骸化しているという話だ。
たとえば私の住む市では、路上に禁煙と書いたラベルを貼り付けているが、その上をタバコを吸いながら歩いている人など、毎朝見かける。また、それについて特に注意をしようなどという人も居ない。私もしないので、なぜしないのかは分かるが。

良く、喫煙マナーを守りましょうなどといっているが、それは明らかに誤りだといいたい。なぜなら、吸殻を路上に捨てるのは不法投棄だし、禁煙区域内での喫煙は条例違反。いずれもルール違反だ。
マナーというのは、仮に守らなくてもせいぜい周りの人に快く思われないだけだ。
これにしたいしてルールというのは、ルールによってペナルティが科されるものだ。

ところが、不思議なことに禁煙区域の条例というのはルールであるはずなのだが、罰則規定がないのだか、取締りなどは一切行われていない。少なくともそのような場面にはお目にかかったことがない。

罰則規定のないルールはルールとは呼びがたい。なぜなら、すべての人が守り、守らない人にペナルティがあってこそルールというのは、意味を持つ。強制力がないのであればそれはルールとはいえない。守る人にとってのメリットは守らない人が発生すればすぐに消えてなくなる。ルールを守るのは主義信条のある人くらいだろう。

さて、形骸化されていようとも、禁煙区域での喫煙は明らかなルール違反だ。ましてや、禁煙の文字をみても堂々と吸ってるような連中である。彼らに注意をしたところで聞き入れてくれるか怪しいどころか、逆に「ああ? 貴様何様のつもりじゃボケェ!」とナイフで刺されたらたまらない。歩きタバコは特に年配の方に多いのだが、最近のおじさんは怖いのだ。

何が言いたいかって言うと、取締りをしないで禁煙区域設定しても意味がなく、ラベルを貼り付けたりするだけでは、ラベルを作った業者が儲かるだけということだ。

なお、路上禁煙でなくとも少なくとも吸殻のポイ捨ては違法です。やめましょう。
スポンサーサイト

09/24|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。