上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
私の住む東京都西部には国立(くにたち・こくりつではない)を発祥とするローカル食、スタ丼が存在する。
これは豚バラ肉を加熱調理し、にんにく醤油で味付けしたものである。
ローカル食と言ったが、ぶっちゃけ、東京都西部を中心に展開するスタ丼のお店のメニューである。

まれに2chのローカル食関連のスレッドで紹介されていることもある。

特徴としてはかなり量が多い。吉野家の牛丼で換算するとおよそ特盛よりわずかに少ない程度だろう。また、味付けがにんにく主体であるため、味も強い。これで味噌汁がついて550円とはおなかがすいた場合にうってつけである。(注:なお、一部店舗は味噌汁抜きで600円だったりする。上記サイトじゃ550円としかないのに。あと、味噌汁はモノが違う場合があるようだ。)

何度か家での調理法を研究した。いまだに納得のいく味にはならない。なお、単にスタ丼の味を模倣してもつまらないので、よりマイルドな味付けを目指している。
肉400gに対して2片ではにんにくが足りない。どうやら相当使うらしい。また、ねぎを忘れてはならない。海苔が使用されていて、これが意外と重要である。生玉子は大きなどんぶりに対してM玉を使用することから、一般家庭のどんぶりにL玉を使うと卵が過剰になる可能性がある。注意が必要である。

さて、私が家で作る場合の調理法だが肉を炒めて、あらかじめ作っておいたにんにく醤油で味付けして終わりであり、それ以上は何もない。
とりあえず中華鍋をほどほどに熱し、油を入れ(大さじ1~2程度)、豚肉を投入して炒めて、色が変わったらすぐにねぎを投入して混ぜ、続いてにんにく醤油を投入して軽く炒めたら終わりである。肉を炒めすぎると固くなるので、素早く行う必要がある。
本来は大量の油を利用して茹でるようであるが、家庭では難しいので簡略化している。
あとはどんぶりに盛ったたっぷりの御飯の上に乗っけて終了である。

いずれにせよ、一度食してみることをお勧めする。人によっては二度と食べたくないという感想を抱いたり、逆に毎日食べる場合があったりと、好みが激しく分かれるほど強烈な食品である。

ああ、そうだった。もし君が家庭での完全再現を目指すのであれば、真黄色のたくあんを忘れてはならない。
スポンサーサイト

04/07|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。