上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
仕事で使っていたら、PEAR::Authに変なものを見つけてしまった。
具体的にはマニュアル
Auth::setAllowLogin()メソッドの説明だ。

Should the login form be displayed if neccessary?

とある。つまり「認証前の場合ログインフォームを表示するか?」という意味だ。
さて、これは絶対におかしい。なぜなら、
Auth::setShowLogin()メソッド
Should the login form be displayed if neccessary?
と、まったく同じ説明がある。
実のところ、Auth::setAllowLogin()の説明は
「このページでのログインを許可するか?」
が正しく、ソースを見る限りではコメント部をコピーした後、書き換え忘れたようだ。

しかし、これって誰も指摘してないのか、特にそれらしい記述を見つけられない。
それほど利用されてないってことなんだろうか。
あるいは、メソッドで設定せずにコンストラクタのoptions引数を使っているから気付かないのか……。
て、コンストラクタのoptionsはストレージコンテナ用のオプションて書いてあるし。実際は、Auth自身のオプションも書くのに……。

PEARのなぞは多い。
スポンサーサイト

03/12|プログラムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。