上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
DOLの羅針盤はなぜか奥に向けて倒された3D表示である。これは羅針盤から直接正確な方位を測られないための、光栄の戦略的判断によるものと、当方では分析している。このため、現在の方位は羅針盤を目測し、大体このくらいだろうという、大雑把な方位しか分からない。
現在の座標と目標の座標が分かっていれば、目標の方位を計算して直線コースを取ることが出来るのだが、肝心の方位を合わせるのが一苦労。だいたい、角度を計算しても分度器と合わせないとさっぱりわからないじゃないか。
というわけで、現在の座標と目標の座標を入力して、方位を計算、ついでにその方向を矢印で示す簡単なアプリケーションを製作中だ。というか、今日の夕方思いついてすでに概ね出来ている。

方位計算機開発途中1

*画像は開発途中のものです。正式版とは異なることがあります。というより、このまま公開することはありえません。

微調整したら公開予定。
スポンサーサイト

09/25|DOLコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。