上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
先日、なんとなくメインのPC(通称:3号機)のBIOS画面を眺めていた。
なぜ眺めていたかというと、SpeedFanというツールで、各部の温度を監視していたところ、CPUファンの制御が出来るようだったのだ。しかし、SpeedFan側からの制御は出来ない。
で、ふと思いついて見てたというわけだ。
そしたら、CPU FAN Connect(うろ覚え)が[4PINS]とあった。前回分解した時にたしかCPUファンの電源は3ピンだったはず・・・。
設定を[3PINS]に変更して再起動してみる。

そして聞こえる、いつもどおりの起動の騒音・・・ではなかった。しばらくすると何かの回転数が落ちていく。念のためCPUファンが回っていることを確認しつつ(側面パネルが透明なのだ)Windowsを起動させると、すぐさまSpeedFanを起動。見てみるとCPUの回転数が落ちていた。そして、高負荷にしてみる。やはり速度制御していた。
まぁ、残念なことにSpeedFanの制御は利かなかったが。

というわけでBIOSの設定がおかしかったために本領発揮してなかったと・・・。何かの拍子にリセットされてたのか、出荷時の設定がおかしかったのか・・・。
そういえば、こいつはメモリがデュアルチャネル動作しない挿し方で届いたなぁ

というわけでたまに眺めて見ると変なものが見れるかも!
なお、正常な設定を弄って起動できなくなっても当方は責任を取りません。

おまけで性能晒しときますね。

TSUKUM○のBTO
CPU : Pentium4 3.2GHz (型番忘れた。とりあえずEM64Tのやつ)
メモリ : DDR2 533 1GB
HDD : 160GB + 250GB
GPU : GeFroce 6600 GT 128MB RAM
光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
キャプチャボード : IO-DATA GV-MVP/RX2
OS : WindowsXP Professional SP2
スポンサーサイト
09/10|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。