上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

これまでの記事からもわかるとおり、私は人と触れる物に対して強いこだわりを持っている。コンピュータの場合は、インターフェースがこれにあたる。この中でも特にこだわるのが、マウスとキーボードだ。

私は特にインターフェースに、不快にならないこと、疲労が少ないことを求めている。以前購入した椅子(ハーマンミラー、ミラチェア)も長時間座っていても、蒸れないこと、そして疲れないことを求めた。

さて、この前購入したキーボードは打ち心地こそ最高クラスながら、それ以外はきわめてオーソドックスなRealforceだった。キーボードの入力で疲れないことと言えば当然ながらエルゴノミクスキーボードという選択肢もあるはずだ。なぜエルゴノミクスキーボードではなかったのか?

簡単に言えばこれは私の勉強不足である。

これまで私はエルゴノミクスキーボードと言えば、マイクロソフト製の劣悪な打鍵感覚のものか、やはりお世辞にもいいとはいえないロジクール製の物しかしらなかった。また、そのイメージのせいでエルゴノミクスキーボードと言って形状が普通でないキーボードは打ち心地の追求に対する、一種の逃げのような物だと否定的に思っていた。また、エルゴノミクスだと言ってキーを傾斜させたり湾曲させる前に、キーを左右対称にしろだとか、修飾キーを親指に寄せろとか、小指で押すキーを減らせとか考えていた。

そして、私はついに先日見つけてしまったのだ。

Kinesis
μTRONキーボード

かなり私の理想に近い。こんなすてきな製品があったとは。

実機をさわったわけではないのですが、紹介を見た感想を。

Kinesis
エルゴノミクスキーボードはこうあるべきと思っていた指に動きを強く意識したお椀型配置。また、親指の範囲にCtrlとAltがあるのが実にうれしい。気になるのはShiftが小指担当なこととスイッチがCherry茶軸なことだが、前者は入れ替えてしまえばいいし、後者もチャタリングがひどいのはあくまでもFILCO製キーボードらしい(要するに基盤の問題らしい)ので、安心か。あとは大きさが気になる。まぁ、マウスは思ったほど外側にずれるようなこともなさそうなので、いいか。また、ここまで見事なお椀型だと手の大きさであわないという可能性もあるし(実際日本人には大きすぎることもあるらしい)。

μTRONキーボード
Kinesisに比べるとお椀型配置でないなど妥協した感じだが、Shiftキーが最初から親指担当で、日本語キーもあって、コンパクトなのがうれしい。日本人の平均的な手の大きさに合わせたらしいので、Kinesisのよりも手に合いそう。また、スイッチが東プレの静電容量無接点方式なのもいい。左右分離型なので格納時には普通のキーボード並のサイズになるのも、大型化しやすいエルゴノミクスキーボードとしてはうれしい特徴。しかし、やはりお椀型配置が捨てがたい。

ま、家ではそこまでハードに使っているわけではないし、今肩が痛くてしょうがないのは、職場のマウスとキーボードと机と椅子とディスプレイと応答性の悪いPCのせいなので、解決できないわけだが。


スポンサーサイト
10/19|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Majestouchがおかしくなったので、買い換えを決意。以前から次に買う機種は決めていた。Realforce91UBKである。

さすがにどこでも評価が高いキーボード。全体的にはオーソドックスな作りとなっている。ただし、比較的コンパクトにまとまっていたり、剛性が高く、重量のある構造で滑りにくい。他でもよく言われるとおり、高品質でオーソドックスである。

特筆すべきはCapsLockの恐ろしいまでの押しやすさ。いや正確には、すべてのキーにいえるのだが、斜めに押し込んでもかなり安定して押せる。たいていのキーボードでは端っこを押すとだめだめなCapsLockがするっと入力できる。以前も言ったとおりここは右Ctrlに割り当てているのでこれは重要なことなのだ。

91UBKについて言えば、テンキーレスになったついでにインジケーターがないのはいかがなものかと思う。まぁ、CapsLockは使わない派なのでNumLock不要のテンキーレスだとなくても平気なんだが。(ScrollLockはPCで使う機会あるのか?)

さて、キーボードは長い間使ってこそその良さ(と悪さ)がわかるものではあるが、とりあえず試し打ちと言うことで、適当なタイピングソフトで叩いてみることにしたのだが、タイピング練習ソフトに不満が出てきたので、それについてだらだらと書くことにした。

タイピング練習ソフトでもそれなりの速度で打てるらしい私だが、どうにも打ち間違えた後の復帰がうまくない。一度間違えるとついでに2~3回先に進んで打ち間違えるし、復帰時にもなぜか正しいキーが打てない。これについて考察したい。

1,キーの打ち間違えが数回まとめて発生する理由

たとえば「ほのぼのとした」と打つ時を考える。間違って「ほのh」と打ってしまう。しかし、ある程度普通の文章を打つことに慣れが人の場合、たいていは単語や文節などまとまりで打つのではないだろうか。つまり、「ほのほのとs」くらいまで打ってしまうのだ。結果、間違ってからそれを認識して打つのをやめるまえに数回打ってしまう。結果、1回で何度も間違えたことになる。

2,誤りから復帰ができない

上と同じ例だが、「ほのh」と打ってしまい、さらに続けて入力をすると、普通のテキスト入力時には「ほのほのと」などと入力されてしまう。ここから復帰するにはバックスペースを連打するか、エスケープなどでテキストを捨てる必要がある。ところが、ほとんどのタイピング練習ソフトでは「ほの」の状態で固定される。本来バックスペースで戻る分がないのでリズムが崩される。結果、一瞬の躊躇が生まれる。

また、普通のテキスト入力なら、「ほのび」などと打ち間違えた場合、復帰するにはバックスペースで一文字捨てた上で、さらに「b」から打たなくてはならない。ところが、タイピングソフトはそこを考慮せず「ほのb」で待っている。結果、余分な「b」を打ってしまい(あるいは打つまいと意識するがために)、普段のテキスト入力でのリズムが崩される。

3,結論

よくある練習ソフトの場合、誤りからの復帰を考慮していないのが悪い。また、練習ソフトの多くが、単語か定型文を打たせるが、そもそも日本語入力の存在を無視していて、たいていの場合は多少の揺れが考慮された英字の羅列(ローマ字)を入力させるのだ。たとえば、最近のIMEは多少の打ち間違えは変換時に補正してしまう。(「専用」はSENYOUと打っても変換可能)

結局、本当に練習したいのならば、自分が過去に書いた文章を好きなエディタとIMEで入力し、最後にdiffをとるのがもっとも賢いやり方だろう。なぜなら、普段の環境に慣れなければ、意味がないだろうから。


10/05|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。