上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
いちいち記事にするのが面倒な内容を書いてみようかと。
ユーザー名 g_u_nex なのでよろしく
スポンサーサイト
11/22|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
とりあえず、この記事を見て書きたくなった。
「道具はいいの買いなさい」という助言が意味すること - 頭ん中

この記事の内容は賛成だ。
私も料理をするので、包丁などは自分で研いで使っている。包丁は研ぎさえすればかなり長い間使えるので、使い捨てのつもりで買うべきではない。

ところで、何でもかんでも高いものを買うのはまた間違いなので、目安として以下のポイントを挙げている。

・消耗品ではない。
・頻繁に使うものである。
・実用性に明らかな違いがある。
・流行り廃りに左右されない。



元記事のこの部分はおそらく、これらを考慮してバランスをとるべきという意味なのだと思うが。

・消耗品ではない。
このブログの過去記事の通り、私は一般的なものよりもずいぶんと高いものを買ったりした。
キーボードやマウス、ディスプレイ、椅子などだ。
これらは、椅子はともかく、キーボードやマウス、ディスプレイなどは丁寧に使おうが、数年で劣化して使えなくなる。しかし、頻繁に使うものだし、実用性にも違いがある。流行り廃りは多少はあるが、寿命よりは短いのでこれはおいておこう。
結局のところ、それの寿命によると思う。よって、私はここを「寿命」と置き換えたい。

・頻繁に使うものである。
上記の通り、頻繁に使うものは特に重要である。一応、上とあわせるため「利用頻度」と置き換える。

・実用性に明らかな違いがある。
ここが微妙なのだが、道具は実用性だけでははかれない。たとえば、気に入らない色が使われてたりしたら、それは買うべきではない。実用性含めて自分で納得できることが重要である。
「満足度」と置き換える。

・流行り廃りに左右されない。
流行り廃りにはある程度の周期がある。道具によって大きく異なるが、寿命と流行り廃りの周期を見て決める。寿命よりも速い流行り廃りがあるなら、流行で買うのはよろしくない。逆であれば、特に問題はないだろう。
「流行の寿命」と置き換えられる。こうすると、上の寿命と区別がつかないので、上は「物理的寿命」とする。

つまり、
・物理的寿命
・利用頻度
・満足度
・流行の寿命
の要素に、金銭的な事情を加味して購入するかを考えればいいだろう。

しかし、こう考えるとPCが難しい買い物に思えてくる。
物理的寿命は丁寧に使えば意外と長い。
動かすアプリケーションはどんどん大きくなるので、流行はすぐに変わる。
利用頻度はとても高い。
動かすアプリケーションを満足に動作させる必要がある。

結局2年ごとに20万くらい(OSやグラボ込み)で作ることになる。
話はそれたけど、結局下手な妥協をしないで、満足のいくものを買おうねということで、まとめさせていただく。
04/06|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ミラチェアを購入したというエントリで触れた勤務先の椅子。
調べたところ、イトーキのプレーゴであるようだ。
ただし、ハイバックのオプションなし。
なぜかリクライニングのロック機能、シートアングルストッパーは約5千円のオプションらしい。
はっきり言ってこのオプションを抜くと、リクライニングが軽すぎるために実用性が皆無なのだが。
5千円ケチると4万円をどぶに棄てるようなものになるのだ。
どのくらい軽いかというと、一番硬いのに調整しても最適な硬さにならない。
ミラチェアは絶妙な硬さに出来るのに。
たぶんストッパーが付いていれば結構いいと思うんだが。もっともハイバックの癖に背もたれの高さが不足するので、フルオプション7万円というのはいろいろと酷い気もする。

11/18|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今まで使用してきた椅子は、1万円で買ったリクライニング機能つきのやつなのだが、これがなかなか値段の割りに優秀だった。
座面の高さ調整、リクライニングの硬さ調整、リクライニングのロック機能、高さ調整できる肘掛と結構いい感じ。(参考までに今の勤務地の椅子は座面の高さ調整とリクライニングの硬さ調整だけ。なぜかリクライニングのロックがない。)
しかし、作り自体はあまりしっかりしたものではなく、この値段で機能を詰め込んだせいなのか。
座面が若干がたつく。
重心をずらすと「バキッ!」と音がなるときがある。
あと、夏場は座面と背もたれで蒸す。

というわけで、椅子を買い換えた。

11/16|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
最近、暇なときにOK WAVEを見ている。正確には「教えて!goo」だが。(gooのアカウント持ってたので)
適当に検索したときにgoogleがOK WAVEのフロントエンド(提携サイト)違いで同じ質問と回答を大量に並べて妨害になっているので、いっそのことOK WAVEで検索したほうが有益なのではないかと思いついたからだ。
プログラム関係は独立した大カテゴリ内にあり、言語ごとにカテゴリがあるため実に見やすい。
しかし、思ったほど有益な情報は得られない。得られるものといえば、初心者が何で躓くのか、そしていかに挫折するのかのその過程だけである。
質問の仕方も酷ければ、まともな回答もしないし、「どうやったら○○できますか」に「無理です」と回答すれば、「まじめに答えろ!」になったりとろくでもない輩が多すぎる。
まぁ、それ以前にOK WAVE自体が汎用のQ&Aプラットフォームであるために、各カテゴリごと固有の注意事項を載せていないなど、質問者がまともな質問文を書くことを支援していない方が問題なのだが。
また、CとC++をC&C++とカテゴリを一緒くたにしているために、そしてほかの言語とは独立しているために、どっちの質問なのかを書かない質問者が圧倒的多数で、あいまいゆえに回答が出来ないことが多い。逆に、「C言語の質問」などという大して役に立たないタイトルを付ける場合も。まぁ、ろくな質問していないのでスルーしておけば良いことだけはわかるが。
また、Cは処理系でいろいろ違いがあるにもかかわらず、標準外仕様を一言もなしに使うプログラムの質問をしてくる。主にマイコンプログラミングに見られる。
質問の緊急性の表示も酷い。初心者ほどくだらない質問で緊急度最大にしている。そこまで困っているなら、なぜちょっと検索するとか参考書を読むとかしないのか。最大+ろくでもないタイトル+質問回数の多い質問者ならまず確実にFAQの類の質問しかしていない。
OK WAVEでは過去の質問はすべて保管され、有益なデータベースになっているにもかかわらず嘆かわしいことである。そして、同じ質問が積み重なることでデータベースは検索が困難になる。類似の質問が大量に並び、本当に必要の質問が分からなくなるのだ。そして、検索が役に立たなくなれば、新しい質問をするしかない。そして、データベースは役立たずになるのだ。OK WAVEは間抜けだな。
まぁ、それ以前に自然言語検索をサポートしてるせいで、「C言語」で結構変な結果になるのだが。「ONKYO」って検索したら「KY」にヒットするとか、検索エンジンまじKY。

回答への評価ができることもあって、回答者の質は一定水準をもつのだが、なぜ質問者への評価が出来ないのか、とても不思議だ。もちろん、気軽に質問してもらうためと思われるが、これでデータベースが汚染されて、まともな検索が通らなければ世話ないな。

カテゴリの分け方は本当に不思議で、C&C++とまとめられるのももちろん、C++/CLI、C#は該当なしだったりする。同じ「C」なので「C&C++」で質問されるのが普通だが、文法が違うのでやめて欲しいのだが、まぁ元から混ざってるからどうでもいいのだろうか。
あと、普通の掲示板と同じなので各行先頭の空白文字類を除去してしまう。
インデントが全角スペースという泥臭い手なしに再現できない。まぁ、インデントが消えても適当なエディタに貼り付けて自動インデントさせれば直るのでそれほど致命的ではない。
ただし、Pythonの場合はソースが破壊されてしまう。もっとも、そのせいなのか、あるいは本当に需要がないのか、質問はほとんどないようだが。

まぁ、何が言いたいかっていうと、やっぱり総合Q&Aサイトってのは専門領域に対して弱いものだってことである。
10/12|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。