上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Windows 7で使用感をまとめよう。
主にVistaからの乗り換えという視点で見る。

まず、OSの基本的な機能はわかりきっていたとはいえ、Vistaの改良という印象が強い。
これは、VistaがXPから多くの部分を一新したのとは異なる。
とはいえ、それでもいろいろと変化は多いようだ。

操作感の向上に焦点が当てられているようで、ウィンドウ機能、UAC、エクスプローラーなどに変更が見られる。

ウィンドウの左右半分表示はとても便利だ。他のウィンドウ関係はそれほどでもないが。

UACもコントロールパネルなどでばしばしダイアログを出していたのも改善された。(管理者権限が必要なことを示すマークの有るボタンを押したときは、勝手に認証されるようになった)

だが、納得出きない箇所もある。まず、ガジェット周り。

サイドバーが廃止された。サイドバーは比較的大型のワイドディスプレイでは固定表示することで、ウィンドウの最大化でも表示できたのだが、これが廃止された。
ウィンドウの左右半分表示でじゃまになると踏んで廃止したのだろうか・・・。
また、サイドバー廃止により、ガジェットはデスクトップに貼り付ける形に変更された。
これがとてもまずく、Vistaではできた、他のWindow上にかぶせて表示するということが出きないのだ。
ガジェットを表示するためには、他のウィンドウを最小化するしかないが、最大化したウィンドウの内容を確認しながらガジェットを操作するためには、最大化を解除しなくてはならない。
つまり、ウィンドウの最大化とガジェットの利用で相性が悪くなってしまった。

かつてはガジェット呼び出しだった、Win+Spaceはただの全ウィンドウ透明化、つまりデスクトッププレビューとなり、ガジェットの最前面表示機能ではなくなってしまったのだ。

と、ここでガジェットの呼び出しにWin+Gが使えることに気づいた。
でも、マウス操作で呼び出す方法はなくなってるんだが、GUIとしてどうなんだろう。
スポンサーサイト
01/17|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
まぁ、既知の問題。それもUSBオーディオデバイス全般に言えるらしいが、「プツ」というノイズが乗る。

原因はUSBの通信品質によるものらしく、PC側のコントローラーまで絡むややこしい問題らしい。
ハブを挟んだり、帯域の大きいものを同一コントローラー上につなぐだけで通信が不安定になり、ノイズがのるというもの。

デジタルならノイズが「無条件で絶対に載らない」と思っている人がいるようだがこれは誤りである。
特にUSBはFullSpeed/HighSpeedで帯域保証がなくリアルタイムで再生するとバッファ切れによるノイズ(上記のプツ)が発生し、S/PDIFは一方通行でエラー訂正は元から信号に含まれている分のみだから、不完全になる可能性がある。
いずれにせよ、デジタルのデータ保証ができるのは、送信・検証・再送の仕組みを持つからであり、このサイクルを持たない場合は劣化が起き得る。
なお、一部には単純なデータコピー(TCP/IPでの転送など)でも劣化が起きるとか思い込んでる人がいるが、上記のサイクルを持つ限りは完全性が保証できるので問題はない。最近は早々データが壊れないのでMD5で確認する必要も低い。(普通は転送プロトコルで保証されるので、どこかにバグがない限り手動で見る必要はない)

前置きが長くなったが、ノイズの問題。USBオーディオデバイスではFullSpeedの帯域をほぼ使い切る。こういうことをすると大抵は通信品質の低下に対する問題が表面化しやすい。しかも、リアルタイム性が重視され、大容量のバッファリングが難しいオーディオデバイスでは致命傷になりやすい。
実際、私のPCはマザーボード上にPCI-E x2接続のUSB 3.0(5.0Gbps対応)コントローラーが別途搭載されており、こちらに単独搭載してもノイズが解消しなかった。もう、USBの通信品質が環境により低いとかいう問題ではない。

なお、プロユースの製品ではFireWireが一般的らしい。私のPCにも積んであるので、ぜひ3万~のクラスでFireWire接続の製品が欲しいのだが。

ところで、USBが原因だと切り分けできた理由が気になることだろう。
これは簡単な話で、S/PDIFで接続してみただけである。この状態だとノイズは消え、実に快適である。理屈上S/PDIFではUSBより劣化しうるが(例のサイクルを踏まない)、リアルタイム性でみればUSBより優秀であるため(最初から誤り訂正用のデータを載せている)、視聴上致命的な「プツ」という突発的なノイズが消える。幸い、マザーボードは24bit/192kHzステレオに対応しているので、規格上も劣化なしとなる。
一応、ジッターノイズなどが問題視されてはいるが、より致命的な問題がUSBにある以上、現状ではS/PDIF接続しかないだろう。

なお、SE-U55SXはPCとの接続にはUSBを想定しており、ボイスチャットなどではUSB接続以外の選択肢がない。
ヘッドフォンアンプがわりになるDACを挟んだ状態での運用を簡易化(PC側でデバイスを切り替えないで済ます)つもりで買ったのに、ずいぶん複雑になってしまった。
やはり、SE-U55SXはただの録音装置か、ボイスチャット装置になってもらうか。
01/11|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PCを構築したので紹介する。

CPU: Intel Core i7-860 / 2.8GHz
Memory: DDR3-1333 PC3-10600 2GBx4 / 8GB
M/B: ASUS P7P55D-E Premium
HDD: SEAGATE ST31000528AS / 7200rpm 1TB
CPU Cooler: Thermalright TRue Black 120 Rev.C / Scythe KAZE-JYUNI PWM
G/B: LeadTek WinFast GTX285 / Nvidia GeForce GTX285 / GDDR3 1024MB
Enclosure: Antec P183
Power Supply: Antec CP850 / 850W
OS: Windows 7 Home Premium 64bit Package
Optical Drive: DVD Super Multi

まぁ、こんなもん。
素人には全くおすすめ出きない変な仕様になっている。

今回は以下の要求があった。

メモリ4GB超(4GBではない)であること。
Windows 7 Home Premium 64bitを使用すること。
Core i7であること。
NvidiaのシングルGPUで出来る限り性能が高いこと。
出来る限り静音性を高めつつ、オーバークロック、拡張性をもつこと。

で、上記のようなパーツになった。
静音性とOCを考えると当然CPUクーラーは別途用意。
ケースファンは十分に静かでなかったため、換装(XFAN)。
ついでに、GPUが冷えないので前面吸気ファンも装着(Scythe KAMA-JYUNI 1200rpm)。
電源は余裕をもってCP850。P183と組み合わせた場合に都合がいいというのもある。
グラフィックボードは奮発してGTX285搭載ボードを購入。
CPUはOC時に難があるも、900シリーズよりTDPが低く、定格クロックも高めなCore i7-860を選択。
メインメモリは当初2枚・4GBも考えたが、3枚セットか4枚セットしか在庫がなかったため、奮発して4枚セット。

なお、8GBの使い道が無いと思う方も多いとは思うが、近代的なOSにはファイルキャッシュというものがあり、アプリケーションが使用しない領域に、最近アクセスしたファイルをキャッシュしている。現代のWindowsも当然搭載しており、余っている分もちゃんと有効活用する。
だいたい、2GB程度はOSと常駐プロセスで使いきって、32ビットプログラムの限界値である2GBと合わせると4GBであり、別プログラムやファイルキャッシュを考えると6~8GBが適正値だろう。
もっとも、同一ファイルに複数のアクセスがあるのは、32ビット空間で足りないようなデータを扱うアプリケーション(大抵は64ビット版を用意するだろうが、ゲームとかは32ビット版のみ)か、複数のプロセスで同一ファイルを扱うようなアプリケーション(Webサーバーとか)か、ファイルアクセス時間を無視しているアプリケーション(つまり、同じファイルをなんども開き直す、富豪的プログラミングなやつ)くらいで、普通は必要ないと思うが。

Windows 7はVistaの時と同様、パッケージ版を購入。DSP版の方が一般的だとは思う。しかし、ライセンス上はセット購入したパーツを組み込んでいないとならない。つまり、パーツの交換が自由にできなくなる。それは嫌なのでパッケージ版とした。

こうして、定格使用時に十分なパフォーマンスと、静音性を確保。静音性を犠牲にすれば、OCによるさらなる高速化も可能、そしてSSDをSATA 6GbpsのRAID0で装備可能と、夢が詰まったマシンが完成した。
なお、このマシンのパフォーマンスが最大限に発揮されるのは、今月発売予定の「A列車で行こう9」になるだろう。
なんと推奨スペックが
Windows 7 / Core i7-860 / グラフィックスメモリ1GB
という、かなりぶっ飛んだ設定。
まぁ、見ての通りこれらをすべて満たしている私のマシンにとってはなんの問題もないが。

なお、光学ドライブがDVD Super Multiだが、頃合を見て先代のドライブと交換予定だ。
01/02|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

これまでの記事からもわかるとおり、私は人と触れる物に対して強いこだわりを持っている。コンピュータの場合は、インターフェースがこれにあたる。この中でも特にこだわるのが、マウスとキーボードだ。

私は特にインターフェースに、不快にならないこと、疲労が少ないことを求めている。以前購入した椅子(ハーマンミラー、ミラチェア)も長時間座っていても、蒸れないこと、そして疲れないことを求めた。

さて、この前購入したキーボードは打ち心地こそ最高クラスながら、それ以外はきわめてオーソドックスなRealforceだった。キーボードの入力で疲れないことと言えば当然ながらエルゴノミクスキーボードという選択肢もあるはずだ。なぜエルゴノミクスキーボードではなかったのか?

簡単に言えばこれは私の勉強不足である。

これまで私はエルゴノミクスキーボードと言えば、マイクロソフト製の劣悪な打鍵感覚のものか、やはりお世辞にもいいとはいえないロジクール製の物しかしらなかった。また、そのイメージのせいでエルゴノミクスキーボードと言って形状が普通でないキーボードは打ち心地の追求に対する、一種の逃げのような物だと否定的に思っていた。また、エルゴノミクスだと言ってキーを傾斜させたり湾曲させる前に、キーを左右対称にしろだとか、修飾キーを親指に寄せろとか、小指で押すキーを減らせとか考えていた。

そして、私はついに先日見つけてしまったのだ。

Kinesis
μTRONキーボード

かなり私の理想に近い。こんなすてきな製品があったとは。

実機をさわったわけではないのですが、紹介を見た感想を。

Kinesis
エルゴノミクスキーボードはこうあるべきと思っていた指に動きを強く意識したお椀型配置。また、親指の範囲にCtrlとAltがあるのが実にうれしい。気になるのはShiftが小指担当なこととスイッチがCherry茶軸なことだが、前者は入れ替えてしまえばいいし、後者もチャタリングがひどいのはあくまでもFILCO製キーボードらしい(要するに基盤の問題らしい)ので、安心か。あとは大きさが気になる。まぁ、マウスは思ったほど外側にずれるようなこともなさそうなので、いいか。また、ここまで見事なお椀型だと手の大きさであわないという可能性もあるし(実際日本人には大きすぎることもあるらしい)。

μTRONキーボード
Kinesisに比べるとお椀型配置でないなど妥協した感じだが、Shiftキーが最初から親指担当で、日本語キーもあって、コンパクトなのがうれしい。日本人の平均的な手の大きさに合わせたらしいので、Kinesisのよりも手に合いそう。また、スイッチが東プレの静電容量無接点方式なのもいい。左右分離型なので格納時には普通のキーボード並のサイズになるのも、大型化しやすいエルゴノミクスキーボードとしてはうれしい特徴。しかし、やはりお椀型配置が捨てがたい。

ま、家ではそこまでハードに使っているわけではないし、今肩が痛くてしょうがないのは、職場のマウスとキーボードと机と椅子とディスプレイと応答性の悪いPCのせいなので、解決できないわけだが。


10/19|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Majestouchがおかしくなったので、買い換えを決意。以前から次に買う機種は決めていた。Realforce91UBKである。

さすがにどこでも評価が高いキーボード。全体的にはオーソドックスな作りとなっている。ただし、比較的コンパクトにまとまっていたり、剛性が高く、重量のある構造で滑りにくい。他でもよく言われるとおり、高品質でオーソドックスである。

特筆すべきはCapsLockの恐ろしいまでの押しやすさ。いや正確には、すべてのキーにいえるのだが、斜めに押し込んでもかなり安定して押せる。たいていのキーボードでは端っこを押すとだめだめなCapsLockがするっと入力できる。以前も言ったとおりここは右Ctrlに割り当てているのでこれは重要なことなのだ。

91UBKについて言えば、テンキーレスになったついでにインジケーターがないのはいかがなものかと思う。まぁ、CapsLockは使わない派なのでNumLock不要のテンキーレスだとなくても平気なんだが。(ScrollLockはPCで使う機会あるのか?)

さて、キーボードは長い間使ってこそその良さ(と悪さ)がわかるものではあるが、とりあえず試し打ちと言うことで、適当なタイピングソフトで叩いてみることにしたのだが、タイピング練習ソフトに不満が出てきたので、それについてだらだらと書くことにした。

タイピング練習ソフトでもそれなりの速度で打てるらしい私だが、どうにも打ち間違えた後の復帰がうまくない。一度間違えるとついでに2~3回先に進んで打ち間違えるし、復帰時にもなぜか正しいキーが打てない。これについて考察したい。

1,キーの打ち間違えが数回まとめて発生する理由

たとえば「ほのぼのとした」と打つ時を考える。間違って「ほのh」と打ってしまう。しかし、ある程度普通の文章を打つことに慣れが人の場合、たいていは単語や文節などまとまりで打つのではないだろうか。つまり、「ほのほのとs」くらいまで打ってしまうのだ。結果、間違ってからそれを認識して打つのをやめるまえに数回打ってしまう。結果、1回で何度も間違えたことになる。

2,誤りから復帰ができない

上と同じ例だが、「ほのh」と打ってしまい、さらに続けて入力をすると、普通のテキスト入力時には「ほのほのと」などと入力されてしまう。ここから復帰するにはバックスペースを連打するか、エスケープなどでテキストを捨てる必要がある。ところが、ほとんどのタイピング練習ソフトでは「ほの」の状態で固定される。本来バックスペースで戻る分がないのでリズムが崩される。結果、一瞬の躊躇が生まれる。

また、普通のテキスト入力なら、「ほのび」などと打ち間違えた場合、復帰するにはバックスペースで一文字捨てた上で、さらに「b」から打たなくてはならない。ところが、タイピングソフトはそこを考慮せず「ほのb」で待っている。結果、余分な「b」を打ってしまい(あるいは打つまいと意識するがために)、普段のテキスト入力でのリズムが崩される。

3,結論

よくある練習ソフトの場合、誤りからの復帰を考慮していないのが悪い。また、練習ソフトの多くが、単語か定型文を打たせるが、そもそも日本語入力の存在を無視していて、たいていの場合は多少の揺れが考慮された英字の羅列(ローマ字)を入力させるのだ。たとえば、最近のIMEは多少の打ち間違えは変換時に補正してしまう。(「専用」はSENYOUと打っても変換可能)

結局、本当に練習したいのならば、自分が過去に書いた文章を好きなエディタとIMEで入力し、最後にdiffをとるのがもっとも賢いやり方だろう。なぜなら、普段の環境に慣れなければ、意味がないだろうから。


10/05|コンピュータコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

G.U.Nex

Author:G.U.Nex
職業:プログラマ
趣味:ゲーム(PC、コンシューマ)、ネットサーフィン、ニコニコ動画視聴、プログラミング、鉄道全般
PHP, C, C++, VB(系), Java, JavaScriptを使える。
最近はRubyにはまってる。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。